京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ みすみみずよのブログ

coffeeキョートのコーヒ, 京都で出会ったこと
キョートのコーヒ, 京都で出会ったこと ,

キョートのコーヒのその後1 ~キョートのいろんなカタカナ表記、見つけました~

以前書いた”キョートのコーヒ“シリーズ は、反響が大きかった記事のひとつです。(?)

しつこくもおさらい

これは、かの有名なイノダコーヒは どうしてコーヒーじゃなくてコーヒなのか、と疑問に思ったのが原点です。

その後、喫茶店(カフェという言葉は気恥ずかしくて使えない。。。) に入るたび、ここではどうだろう、といちいち確認していました。
こんなのを見つけるまでにそう時間はかかりませんでした。(コーヒ)

でもこれ、今までも普通に目にしてた気がする。
今まで疑問に思ったことなど一度もなかったのに “イノダコーヒ”のおかげで気になる存在になってしまいました。

 

 

いろいろ目を光らせていると余計なものも見つけたりなんかして。

こっちはのばさなくていいっつうの!(*コーラーフロートのこと。コーヒーフロートにつられてます)

“各々”ってのもヘンじゃないですか?? “各”だけでいいような。 “おのおの”と読むんでしょうか。
なぜに“みるく”だけがひらがななのか、なんてのは 疑問に抱いてはいけないほど些細なことに思えてきます。

 

まあ、こんな風に楽しみながら観察していたわけですが
“コーヒ”でここまで有名なのはやっぱり “イノダコーヒ”を置いて他にありませんね。

 

D1000029_20131003223122bbe.jpg

 

原点にもどり(?)、なぜに“イノダコーヒ”は“コーヒ”なのか、 解を求めて再び街に飛びだしました。

次↓

キョートのコーヒのその後2  ~”コーヒ”の謎は解けるのか?リ・ブランに行ってきました~


Category : キョートのコーヒ, 京都で出会ったこと
似合う帽子に出会いたい方へ§帽子選びのしあわせレシピ§6日間無料メール講座

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ハットフィッター みすみ

★京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッター。
★自身が、帽子が苦手だった経歴をもつ。
★1000人以上の女性からヒアリングしてわかった、”多くの人に似合う帽子”をプロデュース。
★帽子の形・色・素材・それにかざりの効用で似合う帽子を選ぶやり方をレクチャー。帽子の楽しさをお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちらへ。

コメント

  1. poppins275 より:

    > コーラの影響でコーヒとなったり、コーヒーの影響でコーラーとなったのでは
    あはは。
    ほんと、もともとは外来語の聞きかじりだったのかもねー。
    それならばペロペロンチーノ説と同じですね[絵文字:i-179]
    でもそれが屋号になったり都路里のメニューにもなってるところが
    京都のおもしろいところだよ。

  2. かよみ より:

    コーラの影響でコーヒとなったり、コーヒーの影響でコーラーとなったのでは、などと単純な私が思いつきました。・・・どちらも同時に存在するところに、懐の広さをかんじます。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ一覧へ戻る