京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッターブログ

hat-maintenance帽子の修理
帽子の修理

帽子のブリムの芯を差し替える

 

帽子のつばをなんとかしてほしいというご依頼がありました。 依頼主は男性の方。 こんな、シャーロックホームズがかぶるような帽子です。 イギリスで買ったものだそうです。 ハロッズのタグがついていたのでちょっと緊張。 P1020778.jpg

これのなにがいけないのかというと ブリムがガタガタなのです。 芯が中で折れているかんじです。 折れる?? そんな芯は見たことありません。

P1020779.jpg

一体中にどんな芯がはいっているんだろう、と 恐る恐るあけてみたら・・・ P1020780.jpg

こんな、紙を石膏で固めたようなものが入っていました。 (初めて見ました) P1020781.jpg

ブリムの型紙を作ります。 そんなに厳密じゃなくて大丈夫。 P1020782.jpg

同じものは手に入らないので芯を作ることにしました。 P1020784.jpg

お題は“固すぎない芯”。 ハードな接着芯をコットンハード芯2枚でサンドイッチし P1020785.jpg 2.5センチくらいの間隔で格子状に縫って、キルティングします。 前と後ろのブリムは全く同じだったので助かりました。 P1020786.jpg

もうひとつのブリムも同じように分解します。 P1020787.jpg

これはサイズリボンのない帽子でした。 サイズ元にいくつもの縫い線があります。 よく見ると、どういう構造になっていてそれをどういう順番でぬったかが わかります。 P1020788.jpg

分解すると P1020789.jpg

クラウンの裏に文字が書いてありましたw P1020790.jpg P1020791.jpg

元通りに縫い合わせていき完成。 とてもよろこんでもらえました。 大切にしているんでしょうね。 今年の冬にかぶったはず。 かぶっている姿をみてみたいな、と思いました。 P1020792.jpg

 

保存

Category : 帽子の修理

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ハットフィッター みすみ

★京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッター。
★自身が、帽子が苦手だった経歴をもつ。
★1000人以上の女性からヒアリングしてわかった、”多くの人に似合う帽子”をプロデュース。
★帽子の形・色・素材・それにかざりの効用で似合う帽子を選ぶやり方をレクチャー。帽子の楽しさをお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちらへ。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ一覧へ戻る