京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッターブログ

the-hats-in-cinema映画のなかの帽子
映画のなかの帽子 , , ,

メアリー・ポピンズ  ~ちょっとおでかけのおすまし帽子~

 

まずはなんといってもポピンズという名前の由来のメアリーポピンズから。
私はディズニー映画しか知りませんが他にもあるんでしょうか?
私は映画を見てから原作を読みましたが、映画を見てないかったら読まなかったと思います。
原文で読めればもしかしたら違うのかもしれませんが、この話、そんなにおもしろい話ではないです。(すみません)

でもそこから想像をふくらませ、あんな楽しいミュージカル映画にするなんてすごい!

主人公のメアリー・ポピンズは乳母ですが、決してやさしい人ではないです。
どちらかというとクールな人。 子供を甘やかさないし、プライドが高くて人にへつらったりもしない。

でも煙突掃除人のバートにだまされたふりをしてみんなを絵の中に連れていってくれる、そんな優しい面もあるのです。
そして行ってしまえば楽しそうに踊りまくっているのがおもしろいです。

原作のイメージはもっと年配の人ですが、 映画ではジュリー・アンドリュースがとてもクールで素敵で、私の中では100点満点です。
そんな映画の中からのショットでつづります。

これがメアリーポピンズです。 髪を大きなおだんごにして、その上にちいさな黒い帽子をのせています。
四隅に白い花と赤い実、そして花がところどころとびだしているのがとてもかわいいです。
この帽子、素材が何なのかは分かりませんが冬物っぽいです。

これがバートです。ハンチングが似合ってますよねーー。

ブリムのカーブ具合がいいなあ、と思っています。
このシーン、最初の方にあります。
5つ6つの楽器を組み合わせて作った自家製の楽器を鳴らしてみなさんにごあいさつ。
バートの周りに集まってくるご婦人方の帽子も必見!です。

alt=”” width=”412″ height=”550″ class=”alignnone size-full wp-image-13823″ />
これは公園にお散歩に来ているバンクス姉弟です。
お散歩に行くにもよそいきの服と帽子をかぶるところが素敵です。


お姉ちゃんはジェーンといいます。
ブリムの長いカンカン帽でクラウン(頭を入れる部分)の上がポークパイという形になっています。
エッジも少し技ありで、バランスがとれててさすがだなーと思います。

弟のマイケルは服とおそろいのキャスケットのようなものをかぶっています。
クラウンもブリムもすごく小さいのがかわいいです。

Category : 映画のなかの帽子

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ハットフィッター みすみ

★京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッター。
★自身が、帽子が苦手だった経歴をもつ。
★1000人以上の女性からヒアリングしてわかった、”多くの人に似合う帽子”をプロデュース。
★帽子の形・色・素材・それにかざりの効用で似合う帽子を選ぶやり方をレクチャー。帽子の楽しさをお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちらへ。

ブログ一覧へ戻る