京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ みすみみずよのブログ

the-hats-in-cinema映画のなかの帽子
映画のなかの帽子

幸福の黄色いハンカチ

 

この映画、1972年制作なので70年代ファッションがたくさんでてきて楽しいです。

帽子もかなりでてきてますよ~

 

まずはこれ。ロードムービーの象徴みたいな車の中のシーン。

  P1050975b

武田鉄矢は合皮みたいな赤いカウボーイハット。

同じ赤系のバンダナとグラスの大きいサングラスが楽しい。

桃井かおりのは6まいはぎクラウンの帽子です。

 

桃井かおりもこのシーンではサングラスをかけています。

70年代の雰囲気がプンプンしてます。黒いあごひもがいいかんじ~ww

P1050993c

 

 

この6枚はぎの帽子はメトロハットともいうようで、小学校の制帽なんかにも多くて

普通の帽子ですが、桃井かおりがかぶるとなんだかおしゃれに見えますね。

ブリムを折り返したラインがきれいです。

P1050974b

よこっちょに小さなポケットがついています。

 

P1050977b

この人の帽子もメトロハットですが、真っ赤な帽子のアクセントに白いラインが入っているのが

宇宙服ファッションを思い出させます。

 

P1050973b

メトロハットといえば、この人も!

ここまでブリムが短くなるとやっぱり小学生風になります。

これ、健さんが出所して初めて味噌ラーメンと餃子とビールをのむラーメン屋です。

P1050990b

この人、健さん(あ、役名は島勇作です)の向こう側でラーメンを食べてるんですよ。

帽子をかぶったままで。

今どきは帽子かぶったままでも何してもいいという風潮があるように感じますが

このときもそうだったんでしょうか。ちょっと違和感感じます。。

 

健さんのこの帽子はなんだか懐かしい、このごろあまり見ないニット帽です。

P1050991 P1060013b

サイズ元部分に折り返しのある、浅めの帽子です。

春といっても北海道はまだまだ寒いですからね。

昔、登山用の帽子でもこんなのありました。この折り返しの部分をブリムをよけて

下に下げていくと顔全体を覆って、目だけ出るみたいなのが。

これはそれではなさそうです。普段つかいの帽子。よく似合ってます!

 

しぶい役の健さんですがあどけない表情のショットをおまけでひとつ。

P1060020

 

 

70年代ファッションといえば

P1060007bP1060008b

このスタイルがかわいかった!ロールアップした細身のサロペットにしましまソックス、カバンもかわいいです。

 

チューリップハットもたくさん出てきます!

どのシーンかわかるかな??

P1050970b  P1060002b

クラウンとブリムがわかれていなくて一続きになったものをチューリップハットといいますが

この、トップクラウンがなくてしかもエッジがひらひらになっているのはいかにも70年代風。

大阪万博のころに流行ったみたいです。

 

この、倍賞千恵子の、マフラーの「真知子巻き」も一時流行しました。

P1060017  P1060018

 

まきものといえばほかにご婦人方の三角巾も出てきます。

P1060019 P1060010b

こういう衛生というよりファッションぽい三角巾スタイル、あったわ~

 

 P1060029c

警察署のシーンでは渥美清がでてきます。

 

その他、倍賞千恵子、そして山田洋次監督といえば。。。

P1060028b

この最後の感動的なシーンのあの音楽ですが。

♪ チャーン ♪ のあと、つい、

チャラララララーララー・・・と、男はつらいよの音楽が頭の中に響いてしまうのは

私だけではないはずだ!

 

P1060021

 

 

保存


Category : 映画のなかの帽子
似合う帽子に出会いたい方へ§帽子選びのしあわせレシピ§6日間無料メール講座

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ハットフィッター みすみ

★京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッター。
★自身が、帽子が苦手だった経歴をもつ。
★1000人以上の女性からヒアリングしてわかった、”多くの人に似合う帽子”をプロデュース。
★帽子の形・色・素材・それにかざりの効用で似合う帽子を選ぶやり方をレクチャー。帽子の楽しさをお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちらへ。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ一覧へ戻る