京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ みすみみずよのブログ

said~にいってきました
~にいってきました

伏見稲荷に行ってきました~鳥居のループ!

今京都の中で外人さんにどこが一番人気かというと伏見稲荷なんだそうです。
京都に住んでもう10年になろうとしているのに伏見稲荷に行ったことのなかった私。
一度は行かなきゃと思いつつその機会がなかったのですがとうとう行ってきました。

伏見稲荷って、あの、赤い鳥居がずーーっと並んでトンネルみたいになっているアレです。
千本鳥居といいます。
たしかにあれは外人さんの心をつかみそう。
私も大いに期待して行って来ました。

行きのタクシーの中で運転手さんがいろいろ教えてくれました。
あの最初の鳥居は電通が建てたものなんだと。
そういえばあの鳥居は商売繁盛を願って建てるものだと聞いたことがありました。

最初の鳥居をくぐってうしろを振り返ると、、、

おお!たしかに。

このようにどの鳥居の裏にも企業や個人の名前が書いてあるのですよ。
おもて

うら

古いの新しいの混ざってて
中にはこんなシソーノーローのようになってしまっている鳥居も。

鳥居のトンネルをくぐっていくと
トンネルが二手に分かれているところもあります。
右が行き、左が帰り。
とおーりゃんせ、とおりゃんせ♪の歌を思い出します。
幻想的な雰囲気。外人さんに人気があるのに納得します。

山の上まで続く赤い鳥居のトンネルの裏事情


途中こんな開けたところもあって休憩ができます。

この鳥居のトンネルはずっと山の上までつづいているんですよ。
そこを行くのを“お山めぐり”といいます。
ふもとの方はすごい人でしたが15分も歩くとだいぶ人が減ってきました。

くだんのタクシーの運転手、電通のは150万円くらいの鳥居だと教えてくれましたが
なるほど、それがわかるものがこれです。

この値段の違いは、鳥居の大きさの違いです。
エリアにより鳥居の大きさが決まっているみたいでした。
大きい鳥居のところはもうびっしり、でしたが上のほうの小さい鳥居のエリアはまだスペースがありましたよ。
途中、鳥居を新しく建てているところにも出くわしました。

鳥居を建てるのは順番待ちだと聞いていましたが大きい方はたしかにそうかも!

50センチくらいの小さな鳥居もいたるところに奉納されていました。

やっと頂上に到着。
さすがに疲れました。
温かい甘酒を飲んでリフレッシュしました。

伏見稲荷総合病院

帰りの道はおもしろかった。

これでもかこれでもかといろんな神様をまつった神社がでてきます。
これは脳にゴリヤクのある神様。
脳外科、耳鼻科、眼科、歯科、産婦人科、整形外科・・・総合病院みたいでした。

冬の日は落ちるのが早い。
たそがれの伏見稲荷本殿。

帰りはJRで帰りました。
こんな近くに駅があるとは知らなかった。
JR奈良線「稲荷」駅は本殿から歩いてすぐでした。
駅のホームも伏見稲荷帰りの人でごった返していました。


Category : ~にいってきました
似合う帽子に出会いたい方へ§帽子選びのしあわせレシピ§6日間無料メール講座

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ハットフィッター みすみ

★京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッター。
★自身が、帽子が苦手だった経歴をもつ。
★1000人以上の女性からヒアリングしてわかった、”多くの人に似合う帽子”をプロデュース。
★帽子の形・色・素材・それにかざりの効用で似合う帽子を選ぶやり方をレクチャー。帽子の楽しさをお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちらへ。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ一覧へ戻る