京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ みすみみずよのブログ

howtochoose帽子えらび
帽子えらび , ,

メガネと帽子と私♪ その1 ~老眼鏡初体験とあれこれ~メガネを買ってみた

私、最近はじめて老眼鏡を作りました。
老眼になったと気が付いたのは10年前。
冷蔵庫に貼ってあったバスの時刻表が、あるとき急に読めなくなったのです。
なんやこれ、今日は目の調子が良くない。。と思っていましたが
それからずっとそうで、これが老眼だと後からわかりました。
それでも10年間そのまま普通のメガネで過ごしてきたのですが
そのメガネがもう古くなったので
買い替えるついでに老眼鏡にしてみたというわけです。

で、この間メガネと帽子のプロの、近藤里和さんの
メガネのお茶会にも行っていたので
とうとうその時が来た!といつになく気合が入りました。

で、せっかくなら遠近両用てやつにしてみたいなあと夫に相談してみたら
自分(夫)は遠く用と近く用を2つ持って使い分けてるけど
そのほうがいいんじゃない?
と言われてしまいました。

でもね、男と女では生活が違うんですよ。
スーパーに買い物とか行って、商品を手に取って字を見て、
って時にいちいちメガネをはずしたりできないでしょ?
大体手はふさがってるしー。

2つ持つのもいいかとちょっと迷いましたが
まあでも何より「遠近両用」というものに
興味があったのでトライしてみることにしました。

遠近両用メガネ

遠近両用メガネとはどういうことかというと
レンズの上側が遠く用
中が中くらい、
下側が近く用という風にレンズが3段階に分かれていているので
かけかえなくていいわけです。

生活の中で近くを見るというシーンは大体下のほうなので
そういう風になっているのだと思います。

そしてそれぞれに境目がないのが
境目のない遠近両用レンズというわけです。

ちなみに境目のある、ってどういうものかというと
こういうレンズです。↓

こういうメガネ、そういえばありました!

メガネを買いました

買ったのは右のメガネ。

フレームは前の赤っぽい色が気に入っていたので今回も赤い感じのにしました。
正面から見たらメタルっぽいけれど
メガネのつるの内側などにはピンクの異素材のものが使われています。

レンズは値段がピンからキリまであり
ピントの合う範囲が広いと高いのです。
その範囲外は見え方が「ゆがむ」という風にお店の人が言っていて
ん?ゆがむってどういうこと?
と思ったものですが
要するにピントが合わないのでぼやけていることを指しているみたいです。

ピントの合う範囲が狭くても
見たいところにちゃんと顔を向ければ
見えますよ、とのことでした。

ならばそうしようぞ!
ということで、一番おすすめのスタンダードな
レンズのものを買いましたが
普通のメガネよりはやっぱちょっと高かったです。

メガネができた

出来上がったメガネをかけて歩いてみたら
なんだか足が地面についてないかんじ。

すぐなれますよ、とのことでしたが
これをかけて店を出ようとした途端
スロープのところでよろけてしまいました。

これは・・・

自転車にしょっちゅう乗るのに
こんなことで
大丈夫か!?
とかなり不安でした。

次の投稿はこちら
メガネと帽子の関係


Category : 帽子えらび
似合う帽子に出会いたい方へ§帽子選びのしあわせレシピ§6日間無料メール講座

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ハットフィッター みすみ

★京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ ハットフィッター。
★自身が、帽子が苦手だった経歴をもつ。
★1000人以上の女性からヒアリングしてわかった、”多くの人に似合う帽子”をプロデュース。
★帽子の形・色・素材・それにかざりの効用で似合う帽子を選ぶやり方をレクチャー。帽子の楽しさをお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちらへ。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ一覧へ戻る