装苑×ミンネクリエイターズコラボ

装苑×ミンネ クリエイターズコラボ その4

装苑×ミンネクリエイターズコラボ,帽子あれこれコメント&トラックバック(2)

P1110545

 

もう一回反対側にひねったらこんな形になりました。

鳥さんみたいでかわいー

 

こちらは10まいはぎとしました。

通常の6まいはぎ、8まいはぎのクラウンの帽子は全部中表で縫うのですが

それを中表、中裏、と交互に縫っていったらクリームのような造形ができるはず。

そうなると山は5つはほしいので、幅を狭くしてあとふたつ増やしました。

 

P1110546

(写真は5枚ですが10枚要ります。)

 

それから、素材です。

クリームのようにするにはしっかりした布でないと無理です。

そこでフェルトを使ったらどうだろうと思い立ちました。

さっそくそこらにあったフェルトを縫ってみたらどうやらいけそうでした。

そして

そのころロックミシンにハマっていたので、

せっかくならロックミシンで縫ってみたいと思いました。

縁がきれいに出そうでおもしろそうです。

ロックミシンは薄物やニットなど伸びる生地に適しているので、

ロックミシンとフェルトの組み合わせはみたことがありません。

フェルトに使うとどうなるのだろう・・・という好奇心がありました。

 

もっとなにか面白いアイディアはないだろうか。。。

そのときふと思いました。

クリームのような帽子はいいとしてもお題は“食いしん帽”。

クリーム帽がなぜ食いしん帽なのか、インパクトのある説明が要りそうです。

 

そこで”食いしん坊”について、いろいろ考えてみました。

 

食いしん坊って、「たくさん食べる人」というイメージですが、それだけではない気がしていました。

辞書で調べてみたら“食い意地が張っていること”。

なるほどたしかにたくさん食べるというだけなら“大食らい” とか”大食漢”というコトバと置き換えられそうですが、

”食いしん坊”は“大食らい”とは違います。

量を食べたいというだけでなく、種類も食べたいという気持ちも含まれる気がします。

 

たとえば“大食らい” といえば、たとえばラーメン屋なんかで一人で大盛りをもくもくと食べている男のイメージですが

“食いしん坊”というのは、みんなでバイキングに入って、わいわい食べている女のイメージです。

おしゃべりは楽しみながらも、他の人の出方も見ながら、なるべく種類を食べる。

しっかり元をとろうとするが、でもたくさん食べているようには見えないような工夫を。。。(って、これ私のことじゃん?!)

 

まあこういう風に、食いしん坊には単なる”量を食べる”という意味だけでなくて、なにかたくらみ的な意味もありそうですし

なによりコトバそのものにかわいげがあり、女性にぴったりのコトバだと思いました。

 

なのでちょっとずついろんなものを食べたい、

複数で(といってもごく親しい人たちですが)お店に入ると、みんな違うものをたのんで分けっこするのが大好きな私としては

このクリーム帽にどういう 「ちょっとずつ」 を足そうか考えました。

 

その流れで思いついたのが“リバーシブル”でした。

白いクリームの裏をひっくりかえせばチョコクリームになる、ていうのはどうだろう?と思いました。

 

おお、なんだかウキウキしてきました。

 

 

 

保存

保存

保存

保存

Share on Facebook


装苑×ミンネ クリエイターズコラボ その3

装苑×ミンネクリエイターズコラボ,帽子あれこれコメント&トラックバック(0)

 

まずキャップの頭の部分を何に見立てるか考えて見ました。

丸いもの丸いもの。。。

意外に思いつきません。

ジンギスカン料理で、羊の肉を焼くのは丸いなーと思いつきましたが、だれでも思いつきそう。。

 

気を取り直して今度はつばの部分を何に見立てるか、いろいろ考えてみました。

最初に思い浮かんだのは、楕円形でひらぺったいオードブル皿。

それにクラッカーにいろいろ載せたカナッペをのせて、“パーティー” をテーマにするのはどうだろう。

でもその場合、頭の部分はどうする?

昔、竹串にチーズとかウインナーとかさして、それをりんごに刺すパーティー料理のアイディアがあったことを思い出しました。

ということは頭の部分は全部りんご?

となるとオードブル皿と縮尺が合わないな。。。

では、ケンタッキーのパーティーバーレルみたいなのとか、そういうパーティーぽいものを寄せ集めてみるのはどうだろう。

旗とか立てたりしてお祭り騒ぎな状態を想像はできますが、そんなの手間がかかってしょうがないので却下です。

 

そして思いついたのがスプーンでした。

いいかも!

でもスプーンだとしたらそれにのっかっているのはなんだろう?

と思ったときに思い出したことがありました。

 

これはふつうの8枚はぎのキャスケットの型紙です。

P1110549

 

でも、切り替え線がななめになると、こういう型紙になるんですよ。

この帽子↓が、切り替え線をななめにしたキャスケットです。。

IMG_5093c

P1110544

 

これをもう一回反対側にひねった型紙だったらクリームみたいになるんじゃないのかな、と常日頃思っていたのです。

 

 

 

保存

保存

保存

Share on Facebook


装苑×ミンネクリエイターズコラボ その2

装苑×ミンネクリエイターズコラボ,帽子あれこれコメント&トラックバック(0)

 

私は、コンペなどに応募したことはこれまでありませんでした。

私は帽子しか作れないし、帽子で応募できるコンペってないですからね。

なので今回ミンネでこういう企画があってなにか募集している、というのも何気なくみていました。

そしてびっくり。

なんと帽子を募集しているではありませんか。

 

お題を出しているのはDJみそしるとMCごはんさん。

 

実は彼女のことはほとんど知らなかったのですが、HPがあったので見てみたらかなり惹かれました。

それに、私の昔の友達に顔や声がそっくりなのです。

数年前までは連絡がとれていたのに今どうしているかわからない、だれに聞いても行方がわからない彼女。

ほんわかした雰囲気をもっていた彼女への郷愁もあいまっておみそはんに興味をもちました。

実は海外でも活躍しているんですって。

それなのにほんわかいつもマイペースなかんじがいいですねー。

 

さて、お題はおみそはんのトレードマークのキャップ帽、ということでした。

たしかに確認すると、ふつうのキャップもかぶっているし

つばがびろーんと長くて、そこにフェイクのご飯一式がのっかっているキャップもあります。

 

なるほど、そういうのを作ればいいのかー

食品サンプルで埋め尽くそう!と思いました。

しかし・・・

キャップというのが曲者でした。

キャップでなければ、たとえばぐるりとつばがあるハットならいろいろ考えられます。

つばをお皿に見立てればいいので、お皿に立体的なものがのっかっているのをつくればいいわけです。

いちばんやりやすいのはたぶんケーキでしょう。

 

うーむ、どうしよう。。。

 

 

 

Share on Facebook