京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ みすみみずよのブログ

eventイベント出店・メディア掲載, 手作りメッセ
イベント出店・メディア掲載, 手作りメッセ ,

手づくりめっせが終わりました。NO.3

 

いよいよ当日の朝となりました。

当日だというのにやっぱり前の日は夜更かししての作業、 そして未完成だった帽子を10個ほどと、 帽子につける説明のカードを沢山持っていく羽目に。

先日の記事に“今回は計画的にやれた”なんて書きましたがね。。。

これでもいつもよりはマシ、てもんです。 バスで優雅に(?)行くはずがやっぱり時間がなくなり、タクシーに のりこみました。

会場に着いたら隣のお店の人に “たくさん(お客さんが)並んでたでしょ?”と聞かれました。

私は全然気づかなかったけれど、そうだったらしい。 開場前に長蛇の列ができるようなイベントだったんだーーと、 ちょっとこわくなりました。

9時45分からテープカットのオープニングイベントがあったらしいのですが 出展者側にはそのコーフンはなにも伝わって来ず 列ができていたというわりには いつ開場したのかわからないような始まり方でした。

しかししばらくすると、どどっと人が!!

 

・・・いや、私のところではなくお隣に・・・

 

毎年出しているのでファンがいるらしく、 一点ものめがけて大勢の人が押し寄せてくるのでした。

お隣は着物の古布をつかった衣料品と七宝焼きのアクセサリーのお店です。

年配の人にとても人気なのは知ってましたが まさかあそこまでとは・・・!!

P1010051.jpg

↑ こういう位置関係にありましたが お隣のお客様が わたしんとこの台におおいかぶさって積んである山から 洋服をさがすのです。

ホントはお隣の台との隙間はなかったのですが あんまりすごいので、まわりこめるように写真のように 離してみました。

そしたら今度はその隙間にはいるお客さんのおしりに、 台に敷いてある布がひっぱられてタイヘンなことに。

 

えーん、しまった、またも超人気店の隣になってしまった またも自分の運命を呪って暗い気持ちになりましたよ。

                            ※このフレーズの意味を知りたい方 お急ぎの方はこちらを 少し時間のある方はこちら(特に“その4”)をぜひお読み下さい。

しばらくそのままにしていましたが、やはり少しでも場所をゆずってしまうと 幅2メートルしかないスペースがものすごく狭くなるのです。

ここは負けちゃいられない!と やっぱりぴったりくっつけました。

 

お隣のお店の人(40代♀)、 “大丈夫大丈夫、おばちゃんたちはどんな状況でも自分の買いたいものは 必ず買うから”だって。(笑)

今回この方にだいぶ助けられました。 あっさりしたいい人で、いろいろ教えてもらいました。

保存

保存


Category : イベント出店・メディア掲載, 手作りメッセ
似合う帽子に出会いたい方へ§帽子選びのしあわせレシピ§6日間無料メール講座

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

帽子プロデューサー みすみ

★京都の帽子屋さん*帽子屋ポピンズ 帽子プロデューサー。
★自身が、帽子が苦手だった経歴をもつ。
★1000人以上の女性からヒアリングしてわかった、”多くの人に似合う帽子”をプロデュース。
★帽子の形・色・素材・それにかざりの効用で似合う帽子を選ぶやり方をレクチャー。帽子の楽しさをお伝えしています。
ニュースレターはこちらへ。

コメントを残す





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ一覧へ戻る